1 最高のディスクブレーキキャリパースペアパーツメーカーと工場|KTG

ディスクブレーキキャリパースペアパーツ

簡単な説明:

あなたが何年にもわたってあなたの車のために手に入れる必要があるであろう多くの交換部品があります、そしてブレーキキャリパーは確かにそれらの1つです。ブレーキキャリパーがなければ、車両は停止できません。KTGは、アフターマーケット向けのブレーキ部品の製造に重点を置いています。全てKTGアフターマーケットブレーキキャリパー元のOEパーツのパフォーマンスと仕様を継続します。

KTGブレーキキャリパースペアパーツについてもっと知る。

KTG AUTOにはキャリパーだけでなく、修理キットも付属しています。キャリパーピストン、アクチュエーター、キャリパー取り付けブラケット、ブレーキラバーブッシング、キャリパー取り付けボルトキット、キャリパーパッドクリップキット、ブレーキキャリパー修理キットなどのスペアパーツが多数あります。アフターマーケットブレーキキャリパーおよびブレーキキャリパー部品には、3,000を超えるOE番号があります。ブレーキキャリパーやカタログに関する具体的なお問い合わせは、sales@ktg-auto.com詳細に。


製品の詳細

製品タグ

q (1)

ブレーキキャリパーフェノールピストン

q (2)

ブレーキキャリパースチールピストン

q (3)

ブレーキキャリパーパッドクリップキット

q (4)

ブレーキキャリパー取付ボルトキット

q (5)

ブレーキキャリパーアクチュエータ

q (6)

ブレーキラバーブッシュ

ブレーキキャリパー修理キットの機能

ブレーキキャリパー修理キットは、作動油の漏れを防ぎ、可動部品の自由な移動を保証します。ピストンは、ブレーキ力をブレーキパッドに直接伝達するために使用されます。シールリングは、ピストンとシリンダーの間からの液体の漏れを防ぎます。ガイドスリーブはキャリパーとブレーキパッドの動きを確実にします。ダストブーツは、アセンブリを汚れや湿気から保護し、グリースを保持する役割も果たします。ホールドダウンスプリングは、適切なブレーキパッドの位置を確保し、運転中のガタつきを防ぎます。ブレーキキャリパーエレメントの整備と注油には、通常、修理キットに含まれている特別な薬剤が必要です。

 

修理キットの使用法

多くの場合、ブレーキキャリパーの誤動作は、その可動コンポーネント(ガイドピンとピストン)の詰まりが原因で発生します。これらの要素の障害にはいくつかの原因があります。それらの最も一般的なものは次のとおりです。

1.ダストブーツが破裂します。それらの完全性への損傷のために、ブレーキキャリパー可動要素は湿気、汚れ、および解凍化学物質にさらされます。最終的に、これはコンポーネントの腐食と詰まりを引き起こします。

2.不適切なグリースの使用。ガイドピンの保守にリチウムまたはグラファイトの潤滑剤を使用しないでください。それらの成分はゴム元素に破壊的な影響を及ぼします。それらは弾力性を失い、膨潤し、ガイドピンの自由な滑りを妨げる。

3.ブレーキフルードの交換を遅らせます。その高い吸水能力のために、その組成物中の水分量は時間の経過とともに増加します。これにより、ピストンの内部腐食が促進されます。車両の長期保管は、同様の結果をもたらす場合があります。

ブレーキシステムの効率は、ガイドピンとピストンの状態に直接依存します。したがって、故障が発生した場合は、すぐにブレーキキャリパーを修理してください。適切な修理キットを購入することが最も有利な解決策です。アセンブリを復元するために必要なすべてのものが含まれているため、費用と時間を節約できます。


  • 前:
  • 次: